--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイアガラ

2010年05月10日 00:12

GW第3弾

古来よりの石仏日本一美しい鍾乳洞を見た後は、お次はナイアガラの滝です(笑)

しかも2箇所!!

まず一つ目は
豊後のナイアガラこと沈堕の滝です。
臼杵・豊後大野 (276)
この沈堕の滝
実は雄滝雌滝が有るのですが、今回写真に撮ってきたのは雄滝の方になります。

臼杵・豊後大野 (286)

因みにこの沈堕の滝(雄滝)ですが、室町時代の1476年(文明8年)には、雪舟が訪れ「鎮田瀑図」を描いたことでも知られる古くからの名瀑であり、高さ約20m、幅約100mにもなります。

臼杵・豊後大野 (284)

この場所には石造の沈堕発電所跡地なども有り、河原にも降りれるようになっていたので、もっと撮りたかったのですが、時間が押していたのもあり、後ろ髪惹かれる思いで次のナイアガラへ。

そして2つ目のナイアガラは
東洋のナイアガラこと原尻の滝です。
臼杵・豊後大野 (289)

こちらの原尻の滝は普通の滝と違って、田んぼやらが広がる平地のど真ん中に、突如として出現します。
近くにある鳥居
臼杵・豊後大野 (313)

しかしながら東洋のナイアガラの異名を誇るほどの美しい滝であり、その威容は、幅120m、高さ20mという数字にも現れていると思います。
臼杵・豊後大野 (301)
滝壷
臼杵・豊後大野 (307_1)
滝の上
臼杵・豊後大野 (312)
一見何でも無いように見えますが、飛沫の先は滝です^^;
臼杵・豊後大野 (316)

陽も落ちてきたので、そろそろ移動です・・・
臼杵・豊後大野 (317)

こちら2つの滝、リンクはこちら
沈堕の滝
※場所が少々わかりにくいので地図のリンク
沈堕の滝MAP

原尻の滝
目印は道の駅 原尻の滝で、滝は隣接しています。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dekat.blog76.fc2.com/tb.php/32-323d6c07
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。